〈対話法〉は患者の気持ちを理解して信頼関係を築きます

医療者同士の連携や正確な情報伝達に役立ちます

確認型応答は「受容」「共感」「傾聴」をシンプル(しかし奥が深いです)かつ具体化したスキルです

確認型応答と反応型応答は、どちらが良いとか悪いということはなく、適切な使い分けが大切です


●一般的な会話の例

ここでは「感情・気持ち」の確認型応答を例にしていますが、言うまでもなく、事実・事柄の確認も大切です

Aさんの発言

「最近、よく眠れないんです」

Bさんからの応答

○そのうち、眠れるようになりますよ。 反応型応答
○眠れなくて辛いんですね。      確認型応答
○疲れているからでしょう。      反応型応答
○いつからですか?          反応型応答
○なにか心配なことがあるんですね。  確認型応答

●医療機関での会話の例

患者の発言

「この薬の副作用を教えてください」

医療者からの応答

○副作用がご心配なんですね。      確認型応答
○心配しないで、私たちにお任せください。反応型応答
○薬のことをお知りになりたいんですね。 確認型応答
○副作用は、大丈夫ですよ。       反応型応答
○先日お出しした薬とほとんど同じですよ。反応型応答

●健康相談での会話の例

相談者の発言

「血圧を正常値に保つには、どんな食事をすればいいのでしょうか」

医療スタッフからの応答

○血圧のことが心配なんですね。     確認型応答
○血圧が高いと困りますよね。      反応型応答
○健康な生活をおくりたいんですね。   確認型応答
○血圧は食事だけでは改善できませんよ。 反応型応答
○○○を食べるといいですよ。      反応型応答

■ 対話法研究所のサイトに詳しい解説があります こちら


確認型応答の練習用PCソフト(無料) 医療従事者版 こちら 総合版 こちら

出版物

『こころの通う対話法』さまざまな立場の人の独習に適しています こちら

冊子の一部分(理論編)を抜粋した電子書籍 こちら

『医療従事者のコミュニケーション』
医療職以外のコミュニケーション実習や講習のテキストとしても使えます こちら